「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」展に行ってきました!

フランス

先日、大阪国際美術館で開催されている「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」という展覧会に行ってきました。今年は、日本とオーストリア・ハンガリー二重帝国が国交を樹立してからちょうど150年目という節目の年であり、それを記念してこの展覧会が企画されたそうです。19世紀末から20世紀初頭のウィーンでは、絵画や建築だけではなく、工芸やファッションに至るまで幅広い分野で新しい芸術表現を追求する動きが盛んになりました。それは生活と芸術が融合したウィーン独自のモダン・デザインが花開いた時代であり、グスタフ・クリムト(1862-1918)、エゴン・シーレ(1890-1918)、建築家オットー・ヴァーグナー(1841-1918)、デザイナーのコロマン・モーザー(1868-1918)などの名だたる芸術家たちが登場しました。

私がウィーンの世紀末芸術に興味を持ったきっかけは、この時代に作成された展覧会などのポスターのデザインを集めた画集に心ひかれたからなのですが、今回の展覧会でもおしゃれなモダン・デザインのポスターがたくさん展示されていて、とても見ごたえがありました。

他に、同時代に製作されたドレスや家具、銀製食器などが展示されており、ウィーンの世紀末芸術が様々な角度から紹介されていました。

上の写真は、グスタフ・クリムトの「エミーリエ・フレーゲ」なのですが、この作品だけ写真撮影OKだったので、記念に撮りました。クリムトの絵も「愛」や「パラス・アテナ」など、有名なものも数点展示されていました。

個人的に一番印象に残ったのは、クリムトの弟子のエゴン・シーレが描いた絵です。シーレは、28歳の時に病気で亡くなるまで、自己の存在を超越した世界、他者の存在や全てを内包する世界の美しさを表現しようとしました。彼の作品には、自分の鋭い感受性を通して知覚した、論理ではうまく説明できない世界を追求しようとするエネルギーを感じます。上の写真の本(右)に、”the feeling of being linked in to everyone and everything is expressed time and again in Schiele’s early poems”(すべての人間とあらゆるものと共につながっている感覚が、シーレの初期の詩に繰り返し表現されている)と書かれているのですが、シーレは孤独を感じたことは一度もなかったのかな…??

シーレに興味を持ち、いろいろ調べているうちに、シーレの一生を描いた映画「エゴン・シーレ/愛欲と陶酔の日々」に、ジェーン・バーキンが シーレの元恋人のバリー役 で出演しているのを知りました。バリーは、シーレのモデルを務めたり、シーレがその絵の過激さのために投獄された際、釈放をもとめて奔走した女性です。結局、シーレに捨てられてしまうのですが…。ジェーン・バーキンが出ているので是非見たいのですが、当分先になりそうです。

「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」展は、12/8(日)まで開催されています。すごいボリュームでとても見ごたえがありますので、ぜひ行ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました